小川町予防接種情報提供サービス

その他申請制度

~児童扶養手当制度~
18歳未満の児童(障害のある児童の場合は20歳未満)を育てている方で、次のいずれかに該当する方に支給される手当です。
・母子家庭の母、父子家庭の父
・父又は母が重度の障害の状態にあり、児童を養育している父又は母
・親にかわって児童を養育している方
*公的年金と併給調整があります。
*所得制限等があります。

▼支給方法
4月(12~3月分の手当)・8月(4~7月分の手当)・12月(8~11月分の手当)に指定された金融機関の口座に振込みます。

~ひとり親家庭等医療費支給制度~
18歳未満の児童(障害のある児童の場合は20歳未満)を育てている母子家庭・父子家庭の方、及び親にかわって児童を養育している方と児童が医療にかかった場合に、支払った医療費の一部が支給される制度です。
▼支給方法
あらかじめ登録申請し、所定の医療費支給申請書にて申請をしてください。審査のうえ指定された金融機関の口座に振り込みます。

~母子及び父子並びに寡婦福祉資金貸付制度~
母子家庭の母及び父子家庭の父並びに寡婦の方の経済的自立や、扶養している児童の福祉の増進のために各種必要な資金を貸し付ける制度です。
*申請後、相談員との面接があります。
・修学資金(児童が高等学校・大学等で学ぶための授業料など)
・就学支度資金(児童の入学に必要な入学金や被服等を購入するための資金)
・修業資金(児童が就職するのに必要な知識等を習得するための資金) ほか

~特別児童扶養手当制度~
精神または身体に障害がある20歳未満の児童を育てている方に支給される手当です。
*所得制限があります。
▼支給方法
4月(12~3月分の手当)・8月(4~7月分の手当)・11月(8~11月分の手当)に指定された金融機関の口座に振り込みます。

~ひとり親家庭児童就学支度金支給制度~
県では、低所得のひとり親家庭の児童が中学校へ入学するとき、就学支度金を支給しています。次に該当する方は、期日までに子育て支援課へ申請してください。(受付締切日は問合せください。)
なお、受付日を過ぎますと支給されません。
*対象の方はひとり親家庭の父・母または父母のいない児童を養育している市町村民税非課税世帯の方。(ただし、生活保護世帯を除きます。)
*市町村民税非課税世帯とは、申請者及び申請者と同居している家族のなかに当該年度市町村民税が課税されている方が誰もいない世帯のことです。
*支給額は、中学校入学児童1人につき10,000円
▼支給方法
指定された金融機関の口座へ県が振り込みます。



~幼稚園就園奨励費補助制度~
子ども・子育て支援新制度の施設型給付費の対象とならない私立幼稚園に在園している満3歳児、3歳児、4歳児、5歳児の保護者に幼稚園を通じて補助を行う制度です。
所得制限等の支給条件があります。

以上の制度はすべて申請制度です。該当すると思われる方は申請してください。

≪戻る