小川町予防接種情報提供サービス

ドメスティック・バイオレンス(DV)

ドメスティック・バイオレンス(DV)とは、夫婦や恋人など親密な間柄で行われる様々な暴力行為をいいます。
暴力は誰に対して振るわれても犯罪です。妻や恋人に対する暴力が許されていいはずがありません。
DVは、犯罪となる行為をも含む重大な人権侵害であり、親しい間柄でも暴力は許されるものではありません。

~暴力の種類~
☆身体に対する暴力
 殴る、蹴る、物を投げつける、突き飛ばす、刃物などを振りかざすなど
☆精神的暴力
 怒鳴る、「役立たず」等の暴言、交友関係や毎日の行動を細かく監視する、大切にしている物を壊す、何を言っても無視するなど
☆性的暴力
 望まない性行為の強要、避妊に協力しないなど
☆子どもを利用した暴力
 子どもを取り上げたり、子どもへの加害行為をほのめかすなど
☆経済的暴力
 生活費を渡さなかったり、仕事を無理やりやめさせるなど経済的に追い詰めてしまう行為

~心や身体への影響~
DVは被害者の心や身体に深刻な傷を残してしまいます。自信喪失やうつ病など精神的な影響は加害者と離れた後も続きます。
被疑者は、長い時間をかけて心に負った深い傷を癒していかなければならないのです。

~子どもへの影響~
DVは家庭内で起こることが多く、子どもにも深刻な影響を与える場合があります。子どもはDVを目撃したり、暴力に巻き込まれたりすることで深く傷つき、時には心身の症状となって現れます。
児童虐待防止法では子どもの目の前での暴力をふるうことも児童虐待に当たるとされています。
≪戻る